パソコンが苦手だからホームページの内容を変更するなんて「私には出来ない」「本当に出来ない!」「ぜったいに無理!!」と思っていませんか

TryCMS

どうしてホームページは更新する必要があるのか

下記のホームページの更新もTryCMSを使って更新しております。

成果を導くwebサイト運営で重要なポイントとは

POINT:最も重要なことは常に情報が更新されていることです。webサイトの更新=SEO対策にも有効

現在、以下の事でお困りではないですか。

  • キャンペーンプランニングを行った場合、ホームページ
    制作会社に変更の依頼を行われておりますか。
    その場合、対応はすぐに行っていただけますか。
  • 資料/サンプル品/試供品等を企画し、集客のためホームページ上
    で申し込みを行う場合、メールフォーム等をすぐに作ることは可能
    でしょうか。
  • 顧客からアンケートを採ったり、イベント/セミナーの告知/募集を
    行う場合、どのようなシステムを使っておりますでしょうか。

webサイトでほんとうに更新が必要な箇所は

  • WhatsNew 新着情報
  • 製品・サービスの紹介
  • イベント、セミナーの情報 お知らせ
  • 採用情報、社員紹介
  • キャンペーン情報
    ※トップページに概要を案内して、キャンペーン詳細ページ

CMSのまちがった導入、運用フローは以下の様なことではないでしょうか。?

特別な知識が無くてもワープロ感覚で内容を更新できます。結果、スピーディに新鮮な情報を公開することが可能です。htmlの書き方、サイトの公開方法を知らなくても更新できるので、誰でも担当者になることができます。

下書きとして投稿するには、公開日を先にしておく。年月日、時間まで指定可能、ワークフロー機能で上司のチェックをおこなってからの公開

※終了日時の設定も可能

一覧記事で各記事毎にアイコン設定  記事毎にサムネール画像を挿入、・・・
複数のニュースカテゴリー(新着、トピックス、商品情報など)の記事を1つの更新情報というニュースで、ランダムに投稿順に自動掲載も可能

データから成果を導くためのGA導入・運用のフロー

初期導入フェーズ(解析基盤構築)と運用フェーズ

導入・活用にご不安のある企業様はぜひお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:03-5282-3474(平日10:00?18:00)

Try CMSの特徴

Try CMSが多くのお客様に 選ばれている理由をご紹介

既存サイトに導入が可能、デザイン・構成に制限がない、レンタルサーバーでも導入可能、サーバーインストール型システムなのでランニング費用はかからない

というとオーバーですが、CMS導入したWebサイトにおいて必要なシステムがあれば同じ管理画面で構築することが可能。また、標準でも拡張機能としてセミナーイベント管理、ショッピングサイト機能、メールフォーム作成機能、FAQ管理機能、スマートフォンページ対応、メニューエディタ(グローバルメニュー管理・タブメニュー・アコーディオンメニュー対応)、各種他システムとのAPIでの連携

ヘッダー部分、フッター部分、サイドメニューバナー部分をCMS管理画面で一括管理(cms側を編集することで全ページが変更されます。

サービス内容についてのお問い合わせはこちら

お問い合わせはこちらから

お電話でのお問い合わせ:03-5282-3474(平日10:00?18:00)

よくあるご質問へ回答いたします。

CMSとはなんなのでしょうか?

Contents Management Systemの略です。

元々はデジタルコンテンツ(データ)を管理するシステムを指しますが、今では「Webサイトを簡単に更新・管理するツール」を指します。

現在のホームページで公開している新着情報 (ニュース記事)を自分で編集更新したい?

TryCMSは標準機能では、主にホームページ内の一部の更新管理に適したCMSです。

安価で導入できますライトエディションは、おもにニュース記事機能の管理をホームページ内に導入できます。WhasNew トピックス メディアリリース 本日のご案内 等 サイト内にいくつでもカテゴリーを作成して導入できます。

DEMOサイトはございますか?

ご要望いただけましたらいつでもご案内できます。

また、御社のホームページ内容を弊社テストサーバーに導入してCMSを導入し体験することも可能です。お気軽にご相談ください。

利用するには、専門的な知識が必要ですか。?

ワープが使えるレベルで問題なく利用できます。

ただ、制作会社などプロの方にも十分活用できる機能もあります。

デザインは制限があるのですか?

ございません。自由に設計して作れます。ニュース記事一覧などもCSSを利用されれば、いろいろな形で表示することが出来ます。

TryCMSは操作することでホームページ制作時のデザインが崩れないことを配慮しております。プロに依頼して作成されたホームページですと実際にはニュース、商品・サービスの紹介、キャンペーンなど更新する箇所は決まってくると考えております。

レンタルサーバーですが、インストール可能ですか。?

可能です。現在導入実績があるレンタルサーバーは、

KDDI CPI、ファーストサーバー、大塚商会アルファメール、@YMC、NTTビズリンク?BizLinkメール&ウェブサービスNTT Bizホスティング、Joesクラウド、Driveネットワーク、さくらインターネット(プレミアム/ビジネス)、ぷららビジネスサーバー 、Rapid SiteRent A Server、ロリポップ!レンタルサーバー

社内の複数のスタッフで利用することが可能ですか。?

ユーザー数は制限がありませんので可能です。

ライセンスは ドメイン毎になります。また、複数の方が同時に管理画面にログインして 運用することも可能です。

スマートフォンのサイトにも利用できますか。?

可能です。ただしオプションで拡張機能を導入する必要があります。

導入しますとニュース記事などは、管理画面で登録するだけでPC スマフォ 携帯と同時に更新されます。※スマフォは、jQueryMobileの形式で表示されます。

公開前に上司の確認を取ってから公開したいのです が、承認ワークフロー機能はありますでしょうか。?

承認ワークフロー機能があります。

最大5段階のワークフローに対応することも可能です。

複数のドメインをCMSで管理できますか。?

TryCMSのライセンスは、1ドメイン毎になっておりますので、

複数のドメインに対応することが出来ないのです。ドメイン毎に導入していただくことになります。

この他にご質問がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:03-5282-3474(平日10:00?18:00)

TryCMSの料金体系

TryCMS

エムシーエスCMS構築・導入サービスは、100サイトを越える豊富なCMS構築・導入実績から得
られたノウハウに裏付けされた、安心のソリューションサービスです。
導入支援豊富な実績
エムシーエスの100サイトを超えるCMS構築・導入ノウハウに基づき、御社のビジネス規模、
Web更新業務に合わせたCMS構築・導入のご相談に応じることができます。詳しい実績はこちら。

01
01
www.fismec.co.jp フィスメックセミナー案内
02
01
www.yks.co.jp 山口企画設計新着情報
03
01
www.yks.co.jp 山口企画設計地域情報
04
01
www.cjp-gra.com 新着情報
01
01
日本環境整備教育センター
02
01
www.kur-hotel.co.jpクア・アンド・ホテル
03
01
www.barter-japan.jp バータージャパン
04
01
TryCMS
現在、すでにホームページは作成済みで、
ニュースの記事更新他、特定の箇所をCMS管理画面からかんたんに更新したい
初期導入費用 保守費用
TryCMSライトエディション 80,000円 CMS操作保守 0円
導入設定費用 20,000円 ※特に保守費用はいただいておりません。
メールと電話でサポートいたします。
テンプレート作成費用 10,000円
フッター情報CMSで管理 0円

  • 新着ニュースの投稿、更新管理
    ※新着以外にもお客様の声、製品情報、等複数のカテゴリーで管理可能です。
  • キャンペーン情報トップページ他、サイト内で頻繁に更新したい箇所をCMSで管理
  • フッター、サイドメニュー箇所バナー等の管理をCMSで全ページ一括管理

導入・活用にご不安のある企業様はぜひお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ:03-5282-3474(平日10:00?18:00)

このページの先頭へ